英会話(英会話教室の他に、英会話喫茶というものもあります)は文法を知っていた方が早く話せるようになるのでしょうか?これは当り前ですが、文法(嫌だ、苦手だ、難しいと思う方も少なくないはずです)を知っていた方がいいに決まっているはずです。文法(嫌だ、苦手だ、難しいと思う方も少なくないはずです)を知っていれば、それだけ聞き取りやすくなりますし、理解しやすくもなるでしょう。それに、いいたいことを伝える際にも、文法(意外と間違っていても実際には通じてしまったりすることも多いですよね)を知っていた方が文章を作りやすいとなっているのです。一説によると、英会話(CMではよく子どもや有名人を起用していることが多いものです)を身につける為には、少なくても中学校で習う英文法を完全にマスターする必要があるみたいです。この場合、英文法(嫌だ、苦手だ、難しいと思う方も少なくないはずです)を知ってるだけではダメで、使いこなせること、つまり、マスターしている必要があるんです。英文法の例文の意味を理解し暗記(語呂合わせ、歌、文章などにして覚える人も多いのだとか)した上で、状況に応じて単語(何度も復習して、しっかりと脳内に定着させることが肝心です)をあてはめて、あなたのいいたいことが伝わるように英作文できなくてはダメです。どのくらい英語を話すことができるようになりたいかにもよりますが、まともに会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)出来るようになってたいのであれば、ある程度は英文法(嫌だ、苦手だ、難しいと思う方も少なくないはずです)を学ぶ必要があるかもしれません。だからって、文法(意外と間違っていても実際には通じてしまったりすることも多いですよね)ばかりを勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)してしまっては、英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)の勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)そのものに嫌気がさしてしまったりすると思っているのです。時には、英語の歌(CDが売れなくなってきた反面、ダウンロード販売での売上が伸びているようです)を聞くとか、字幕なしで映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)を見るなどと言った気分転換も必要と思っているのです。また、文法(退屈で難しく、挫折の元になることもままありますね)を学ぶ場合にはは、NHK(2010年度から、教育テレビをEテレという略称で呼んでいます)の英語番組みたいに楽しみながら学ぶ事ができるように工夫された教材を使用するといいですよ。短い時間でも毎日コツコツと、できれば楽しみながら勉強する事で、頭に入りやすくなるんです。自信がついてきたら、実際に英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)で話してみる機会を作るのも励みとなりますー